JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2015年04月24日(金)

最終盤、塩川てつや衆院議員来る―日本共産党街頭演説 [選挙情報]

画像(320x250)・拡大画像(640x500)

深谷市議選はまれにみる激戦となっています。このため、市議選最終日の25日(土)、日本共産党3候補必勝のため、塩川てつや衆院議員が急きょ応援に駆けつけることになりました。詳細は以下のとおりです。お誘い合わせてご参加ください。

画像(180x120)・拡大画像(465x311)

さくまなな候補
10時30分〜、花園ハーズ前

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

鈴木三男候補
11時30分〜、しまむら上野台店前

画像(150x180)・拡大画像(176x210)

清水おさむ候補
13時30分〜、武川交差点(田中歩道橋)


Posted by 地区委員会 at 17時58分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2015年02月09日(月)

各地で新春のつどいがおこなわれる [催し・活動]

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

寄居町には梅村衆院議員

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

熊谷市には塩川衆院議員

画像(320x240)・拡大画像(326x245)

深谷市には伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

秩父市には柴岡地区委員長

各地の党と後援会は、1月から2月にかけて「新春のつどい」をおこないました。総選挙での党躍進の直後ということもあり、どこでも明るく、元気な集会となりました。熊谷市には塩川衆院議員が、寄居町には梅村衆院議員が駆けつけ、30分の講演をおこないました。


Posted by 地区委員会 at 12時41分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2014年12月09日(火)

柴岡ゆうま街頭演説のおしらせ [選挙情報]

塩川てつや 前衆院議員をむかえて
12月9日 午後2時30分より
深谷市花園 アバンセ花園店前にて街頭演説をおこないます。


ぜひおこしください。

画像(226x320)・拡大画像(452x640)

日本共産党が伸びれば何かがおこる

「どの党が伸びても政治は変わらないのでは」と考えている、そこのアタナ。
ちょっとまってください。日本共産党があります。
参院選で議席倍増の躍進をさせていただき、ただいま大奮闘中ッス。

新しい赤旗2014年12月号外を紹介します。


Posted by アズキ at 09時03分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2014年11月24日(月)

各地で元気に街頭宣伝 [政策・見解]

画像(320x180)・拡大画像(640x360)

三連休となった22〜24日に地区内の各地で街頭宣伝がおこなわれました。23日には塩川てつや前衆院議員が熊谷市入り。熊谷駅頭で鈴木ちか子衆院埼玉12区予定候補と伊藤岳参院選挙区予定候補とともに訴えました。

画像(320x216)・拡大画像(640x432)

また、深谷市では女性後援会が連日街頭から訴え。おそろいのユニホームを着て元気にアピールしました。主に訴えたのは、さくまなな市議予定候補です。


Posted by 地区委員会 at 20時56分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2014年09月20日(土)

10/19に党演説会決定 弁士は塩川てつや衆院議員 [催し・活動]

画像(320x320)・拡大画像(640x640)
PDFファイル(447KB)

(447KB)

日本共産党埼玉北部地区委員会は、いっせい地方選挙勝利めざして、10月19日に党演説会をおこなうことを決定しました。弁士は、塩川てつや衆院議員です。午後1時半開場、2時開会で、場所は深谷市川本公民館(深谷市菅沼1009)でおこなわれます。どなたでも参加できますのでお誘い合わせてご参加ください。


関連タグ :

Posted by 地区委員会 at 18時05分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2014年07月21日(月)

助成一刻も早く―大雪被害農家の農業再建で農水省に要請 [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

日本共産党埼玉県議団と北部地区内の党議員はこのほど、今年2月の大雪被害農家の農業再建で農水省に要請しました。熊谷市の桜井くるみ議員、深谷市の清水修議員、本庄市の柿沼綾子議員が出席し、紙智子参院議員、塩川鉄也衆院議員が同席しました。

出席者は、大雪で倒壊した農業用ハウスなどの撤去と再建にかかる費用の助成金を農家はいまだに受け取れていないと指摘し、一刻も早い助成金の支給を要請。また、申請の際に3社の見積もりを取ることを原則としているが、1社でも認めていることを周知すること、リースの農業施設や小型のトンネルハウスも助成対象にすることなどを求めました。
応対した農水省の担当者は、助成金について「早いところでは今月中に支払いができるように手続きを進めている。県・市町村の判断で仮払いもできる」と回答。リース施設への助成について、ハウスが借りたものの場合は対象にならないが、借地でも自分で建てたハウスの場合は対象になると答えました。一方、トンネルハウスは消耗品扱いになるので対象にならないと述べました。
村岡県議は「農家は撤去費用を請求されたり、JAから生活費を借りたりしており、助成金が早く来ないと困ってしまう」と重ねて早期の支給を要求。農水省の担当者は「各県への予算配分を7月初旬から始めている。まもなく現場にお金が届く段取りになっている」と答えました。
(「しんぶん赤旗」7月17日付首都圏版より転載)


Posted by 地区委員会 at 18時25分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2014年04月06日(日)

秩父駅前で4議員そろっての街頭演説 [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

日本共産党は6日、秩父駅前にて斎藤かつしげ、出浦あきえ、新井こういち、山中すすむ各議員が全員そろっての街頭演説をおこないました。この街頭演説には、塩川てつや衆院議員が駆けつけました。寒気が押し寄せ、冬に逆戻りしたかのような天候でしたが150人が参加。4人の議員と塩川衆院議員の訴えに、盛んに合いの手が入る熱気のあふれるものになりました。


Posted by 地区委員会 at 19時14分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2014年02月28日(金)

塩川、紙議員らが実態聞きとり―大雪被害 [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(512x384)

農家から被害状況を聞く紙参院議員

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

被害農家から話を聞く塩川衆院議員

大雪は農業への甚大な打撃を与えています。日本共産党は、大雪災害の現場に駆けつけ、被害調査や要望の聞き取り活動などをおこなってきました。23日には塩川てつや衆院議員が、25日には紙智子参院議員が相次いで北部地区に入りました。

画像(180x125)・拡大画像(640x446)

塩川衆院議員は、寄せられた要望をもとに25日に衆院総務委員会で質問。農業用ハウスが全壊したなどの農家の悲痛な声を紹介しながら、被災農家に対する支援の拡充や被災自治体への財政支援を政府に求めました。


Posted by 地区委員会 at 20時42分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2013年04月08日(月)

西武鉄道の路線存続もとめ国土交通省に申し入れ [催し・活動]

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

3日付の「しんぶん赤旗」では、日本共産党の塩川てつや衆院議員と埼玉県議団、秩父市議団などが国土交通省に対し、西武鉄道の路線存続をもとめて申し入れをおこなった様子が紹介されています。記事を紹介します。

日本共産党の塩川鉄也衆院議員と埼玉県議団は2日、西武鉄道5路線廃止がとりざたされている問題で、国土交通省に対し、路線存続に尽力するよう申し入れました。申し入れには、塩川議員と柳下礼子、村岡正嗣両県議のほか、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、所沢・飯能・日高・秩父・皆野の沿線各市町の議員団が参加しました。
この問題は、西武ホールディングスの筆頭株主でアメリカの投資会社サーベラスが、埼玉県内や東京都内を走る西武秩父線(吾野駅―西武秩父駅間)、多摩川線、山口線(レオライナー)、国分寺線、多摩湖線の5路線の廃止を提案したというもの。
塩川氏らは、沿線住民から不安の声が上がっていると紹介し、「秩父方面から通学などで電車を使っている学生にとっては死活問題だ」(党秩父市議団)などと主張。▽国としても積極的に情報を集め、5路線存続のために力を尽くすこと▽公共交通機関への投資会社の介入を規制することなどを求めました。
申し入れに対して国交省の担当者は「正式に廃止という連絡が来たわけではないので、動向を見守りたい」と述べました。
塩川氏は「5路線の廃止反対は沿線住民の総意だ」と述べ、鉄道事業者として公共性の高い事業を行う上で、社会的責任を果たすべきだとの立場で国としてもしっかりと必要な規制をしていくよう重ねて求めました。


Posted by 地区委員会 at 16時26分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2012年11月25日(日)

12区情報=大野たつお予定候補スニーカーに履き替えて/各地で決起集会や集い [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

行田羽生土建の決起集会での大野予定候補の訴え

 12区選対では、23日に開いた12区後援会連絡会結成会議や総決起集会を受けて、24日、25日の土日は、各地で行動も広がり党支部や後援会が大奮闘しました。
 大野予定候補も24日は、午前中に加須市で小坂議員と4回街頭演説、2時には、大宮駅西口での志位和夫委員長を迎えた演説会二参加し、志位委員長ともガッチリ握手。その後、熊谷にトンボ帰りで熊谷業者後援会総会に参加、夜は妻沼町後援会決起集会に参加し、訴えました。

 25日は、午前中は、9時半から行田北支部の宣伝統一行動に参加し4回街頭演説と3人が周辺に300枚以上ビラを配布しながら訪問・対話活動、11時で切り上げて加須市で開かれた土建まつりに直行、まつり会場では数千人の参加者が賑わう中で、大型トラックの特設ステージで連帯挨拶、その後、各分会のテントを後援会長などと一緒にまわり激励挨拶。

 その後、行田市に戻り、南後援会主催の大久保忠市議の市政報告会で15分の訴え、30名の参加者の様々な要望にも耳を傾けました。そして、夕方までの1時間は寸暇を惜しんで3回の街頭演説、午後6時から埼玉土建行田羽生事務所で開かれた決起集会で川野埼玉県後援会長とご一緒に訴えました。

 大野予定候補は、スニーカーに履き替えて、文字通り、熱く、訴えており、行動の輪は、日毎に広がりを感じています。この動きをさらに広げて、北関東ブロックでの議席倍増と小選挙区でも国会に駆け上がる決意で奮闘しています。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

加須土建まつり会場で訴える大野予定候補


Posted by ohno at 22時58分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2012年11月24日(土)

12区情報=心ひとつに「提案し、行動する日本共産党」の議席倍増を!/12区党と後援会の決起集会開く [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

酒井隆三県後援会事務局長が激励、12区決起集会

 11月23日(祝)に、熊谷市内で埼玉12区党と後援会の決起集会が開かれ、緊急の呼びかけにもかかわらず80名の方々が参加し、交流しました。

 野部徳秋党熊谷市委員長が開会挨拶、酒井隆三埼玉県後援会事務局長が、情勢報告や全国や県内の特徴的な経験や教訓を紹介しながら、12区の総決起をよびかけました。

 鈴木千賀子選対本部長から、冒頭に埼玉12区後援会連絡会が、正式に本日発足されたことを報告。続いて、選挙区の情勢の特徴、当面する活動方針などが提起されました。

 討論・交流では、熊谷市後援会連絡会、熊谷建設労働者後援会、年金者組合内後援会、青年、行田市議の5人の方々が、報告提案を受けて、この間の活動や勝利のための努力方向などが豊に語られました。

 発言も受けて、大野たつお12区国政対策委員長が、5月28日以降の6ヶ月間の活動を振り返り、多くの皆様に感謝すると同時に、今回の選挙の様相や意義も語りました。そして、歴史的な選挙戦の候補者の役割にもふれながら、県内でも有数な激戦区を勝ちぬき、北関東ブロック二議席奪還と自らも国会に駆け上がる決意を表明しました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

決意表明する大野たつお予定候補

 大野たつお12区国政対策委員長・同予定候補の決意表明の要旨を添付資料で紹介します。

DOCファイル(24KB)

大野たつお12区予定候補の決意表明の要旨 (24KB)


Posted by ohno at 07時26分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2012年11月23日(金)

埼玉12区情報=埼玉12区後援会連絡会が発足、総選挙勝利へ心ひとつに [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

埼玉12区後援会連絡会の発足会議

 埼玉12区では、長年の懸案であった12区後援会連絡会の準備会議を午前9時半から熊谷市内で行い、各単位後援会の代表らが18名集まり、正式に発足しました。

 この会議では、鈴木千賀子選対本部長から経過報告と問題提起、酒井隆三埼玉県後援会事務局長からも県内の経験なども紹介され論議されました。

 大野たつお予定候補からも「長年の懸案事項であり、今後の12区の後援会活動の交流を活発に行い、12区から国会議員を送り出す一つの土台ができたことは画期的であり、候補者としても全力で今回の総選挙に臨みたい」などと決意表明もありました。参加者の全員一致の賛同で、本日付で「連絡会」の正式発足が確認されました。当面は、事務局を12区選対本部事務所内におき、林さんと原さんが事務局の活動を直ちに開始していくことなども確認されました。


Posted by ohno at 13時43分   記事URL  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

【動画】12/5 「雇用・中小企業守る緊急対策を」志位委員長、麻生首相と会談

【動画】12/5 「雇用・中小企業守る緊急対策を」志位委員長、麻生首相と会談

日本女性の今とこれから/吉川春子さんと語ろう

日本女性の今とこれから/吉川春子さんと語ろう

大企業の無法野放しでは日本の社会に未来ない/働く人を守る法律に変えよ(「しんぶん赤旗」2008年3月号外)

大企業の無法野放しでは日本の社会に未来ない/働く人を守る法律に変えよ(「しんぶん赤旗」2008年3月号外)

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.