JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2009年11月13日(金)

後援会員が次々と入党/横瀬町で前党大会以降7名が入党 [入党案内]

 13日に、横瀬町の大野隆雄町議は、支部委員などとも対象者を相談し、今月の上旬に開いた恒例の「芋煮会」に参加された方などから対象者を出しさっそく行動。この日は、大野隆雄町議と大野辰男地区委員長と二人で行動しました。

 まず最初に訪問したAさんは、この間、後援会世話人にもなってくれ、地域に後援会ニュースも22軒配布してくれている50代の看護師さん。玄関で「今日は、ぜひ入党していただきたい」と正面から訴えると、彼女は、「父親も党員で、嫁いだ先も赤旗日刊紙があり、党は子どものころから一緒でした。入党しても良いと思うが主人に一応聞いておかないと」となり、主人が仕事から帰る夕方にもう一度お邪魔することになりました。夕方、ご主人と一緒に、二人に入党を訴えると、「まずお前が先に入党したらよい。楽しそうだったらあとから私も入るから、まず入ってがんばんな」とご主人が入党を勧めていただきました。入党申し込み書に記入後、ご夫妻とがっちり笑顔で握手して、歓迎会での再会を約束して別れました。

「信頼している大野議員に頼まれたらいやといえない」、夫婦でご一緒に入党 
 次にお尋ねした方は、永く赤旗読者で後援会員としてもこの間の様々な行事や企画にも参加され、先日開いた芋煮会も参加された方でした。大野町議が、玄関先で入党をお願いすると、笑顔で「先日は楽しませていただいてありがとう。信頼している大野議員に頼まれたらいやとはいえないなあ」と笑顔で部屋に案内していただきました。

 入党の訴えの文書で、「四つの大切」なども説明して、ご夫妻で一緒に入党してくれました。この方は、「今の民主党政権にも少し期待はしていたが、やっぱり共産党が伸びないとだめだ」と支部会議に参加しての話し合いを楽しみにしていました。
 
 横瀬支部は、第24回党大会以降、これで7人目の入党者を迎えました。横瀬町の人口は、9427人です。人口比1%の党を目指すには、約100人の党員が必要になります。大野町議は、「毎月入党者を迎えられるような党をつくるには、800人を超えた後援会ニュース会員などに広く訴えていけば、展望が開けるかな」と、読者拡大での引き続く前進と合わせ、党員拡大にも新たな決意を、固めていました。


Posted by ohno at 20時32分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=969

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

伊藤岳党国会議員団埼玉事務所長迎えて/10月11日【土】秩父郡部で各地で演説・集い

伊藤岳党国会議員団埼玉事務所長迎えて/10月11日【土】秩父郡部で各地で演説・集い

紙智子参議院議員── 4/17(火) 熊谷市入り

紙智子参議院議員── 4/17(火) 熊谷市入り

「いっせい地方選挙後半戦の結果について」(党中央委員会常任幹部会声明)を紹介

「いっせい地方選挙後半戦の結果について」(党中央委員会常任幹部会声明)を紹介

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.