JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2008年11月08日(土)

首都圏一斉駅頭宣伝に確かな反応/北部地区内45駅で実施 [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

秩父鉄道野上駅前で宣伝する渡辺強長瀞町議

 日本共産党は11月7日(金)に、首都圏1都3県の党・後援会は、一斉駅頭宣伝に取り組みました。埼玉県内でも一斉に取り組まれました。

 北部地区内では、地区内の45駅に県委員会からも3人の方に応援に来ていただき、すべての駅頭で宣伝が行われました。早朝、夕方を中心に一部、昼間の時間帯にも取り組まれ、全体では、のべ158名の党員、後援会員の参加で1826枚の赤旗号外や「党押し出しパンフ」を通勤客や駅周辺の方々に手渡すことができました。

 熊谷市委員会の妻沼支部は、支部会議で今回の行動を討議して、妻沼地域には、駅頭がないので、市委員会の提起に応え秩父線石原駅を初めて担当しました。早朝6時半から7時40分まで、高橋初熊谷市議と支部員5名で行いました。乗降客は、勤労者8割、高校生2割、チラシの受け取りは100枚を手渡すことができ約半数の方々が受け取ってくれました。対話になった人は、「こんな乗降客の少ない駅でやらないで、もっと多いところ(駅)でやったらいいのに」と言っていました。高橋市議が、「今日は全県一斉ですべての駅で宣伝をしているのです」と話すと「へー」といって車に乗って行きました。参加者からは「意外に乗降客はあった」との声も出されていました。

 駅頭宣伝では、多くの駅で地方議員や地区役員、党員、後援会員の方々がマイクを持って、街頭から訴えも行いました。今回の宣伝行動の特徴は、主要駅を除いては、乗降客が少なく、乗降客がゼロのところもありましたが、ほとんどの方がチラシを受け取ってくれ「頑張って」などの嬉しい激励を多くいただきました。また、10月の宣伝行動に比べると、対応する支部や後援会から多くの方々が参加してくれました。
 
 熊谷駅頭の夕方宣伝は、「連合」・民主党陣営とぶつかり、各党派も駅頭宣伝を重視していることも痛感。「連合」の宣伝隊は、組合動員を行い30名近くが参加していました。
        (ohno)


Posted by ohno at 18時43分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=573

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

埼玉12区=大野たつお予定候補ら原発ゼロの提言で羽生市長と懇談

埼玉12区=大野たつお予定候補ら原発ゼロの提言で羽生市長と懇談

第52回埼玉北部地区党会議開く/いっせい地方選挙で全員当選めざし決起

第52回埼玉北部地区党会議開く/いっせい地方選挙で全員当選めざし決起

新年用・あやべスポット宣伝原稿

新年用・あやべスポット宣伝原稿

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.