JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2008年10月10日(金)

埼玉県下の全駅頭で「党押し出しパンフ」宣伝/北部地区45箇所で [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

八高線用土駅前で演説する川瀬副委員長

 日本共産党は、10月10日【金】に、埼玉県内のすべての駅頭で、「党押し出しパンフ」(私たちはこんな新しい日本をめざしています。政治の中身を変える日本共産党)の配布宣伝行動を行っています。この日は、各地で時間帯などは異なりますが、早朝から夜にかけ、様々な創意もこらした宣伝行動が組まれています。北部地区内には、45駅がありますが、各地の地方議員や支部、後援会員の皆さんの力を借りて、宣伝対話がくりひろげられています。
画像(320x239)・拡大画像(615x461)

後援会員の方々も次地祇とマイクを握って宣伝

 熊谷駅や籠原駅では、早朝6時から「日本共産党ののぼり旗」をたて、プラスターもかかげて、通勤者に声をかけながらパンフレットを配布しました。籠原駅では、「通常よりぐっと受け取りがよい、頑張っての声に励まされた」など声が寄せられています。夕方の宣伝行動も熊谷駅、籠原駅で6時から8時まで行いました。11人が参加した熊谷駅頭では、「私にもやらせて下さい」と協力を申し出た学生も飛び入り参加してくれました。「若い人が、よくとってくれた」などの感想が寄せられました。

 地区事務所の常勤者も全員が駅頭に立って宣伝。八高線の松久駅では、川瀬元行副委員長が宣伝カーで訴え、浅見勤務員がのぼり旗を持って、相原勤務員が周辺にパンフ配布と元気よく宣伝行動を行いました。乗降客は一人も一人もいませんでしたが、近くの駐車場にも足を運んで「お早うございます、日本共産党です。新しいパンフレットができました。ぜひ、ご覧下さい」と元気よく声をかけると、「共産党かい、頑張っているね」などと笑顔で反応が返ってきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

乗降客はただ一人の方にパンフを手渡す(秩父鉄道武州中川駅)

 秩父鉄道の三峰口駅から秩父駅の間は、埼玉県委員会からの3人の応援者が入っていただき、各駅頭で駅長にもご挨拶して、パンフを手渡したあと、ハンドマイクで宣伝し、待合室にいる方にも全員に手渡し対話しました。このチームは、持参した250枚のパンフがすべて配布できました。

 

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

東部東上線玉淀前で演説する大野地区委員長

 この他、各地から報告が寄せられてきていますが、駅頭宣伝のほかにも、青年風おこし隊の昼休み宣伝行動やスーパー前宣伝など多彩な宣伝行動が各地で繰り広げられ、日本共産党の勢いが作られつつあります。(ohno)
 

Posted by ohno at 12時30分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=537

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

台風18号被害 共産党が現地調査 生活再建が大きな課題…『新くまがや』9月号

台風18号被害 共産党が現地調査 生活再建が大きな課題…『新くまがや』9月号

横瀬町内に関口ゆたか、塩川てつや連名ポスターの張り出しで勢いさらに

横瀬町内に関口ゆたか、塩川てつや連名ポスターの張り出しで勢いさらに

改憲手続き法案は、徹底審議で廃案に!─ハンドマイク原稿

改憲手続き法案は、徹底審議で廃案に!─ハンドマイク原稿

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.