JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2008年09月27日(土)

第7回中央委員会総会のCS通信を見ての感想を紹介 [学習・党活動]

 9月26日に第7回中央委員会総会が党中央委員会で開かれ、全国の党事務所にCS通信でリアルタイムでの視聴が行われました。4人の方から、感想が寄せられましたので、紹介します。
 尚、インターネットでも同時中継され、多くの方々が視聴されています。この埼玉北部地区のホームページからもアクセスが可能です。ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

第7回中央委員会総会での志位委員長の報告を聞いての感想

北部地区 Tさん
 1、中央委員会への報告と提起は、一つひとつ胸におち、新たな確信が生まれた。
 2、いま私たちがとりくんでいることを(国民とともに活動していること)をそのまま、大いに国民のなかで語り、広げることは、そのまま受け入れられる情勢にある事が鮮明になりました。
 3、その意味では、戦後の出発点と安保闘争で生み出した新しい転換の時期に匹敵する気運が生まれている事を痛感します。
 4、ここのところを実現するたたかいは、今、支部を中心とした私たちのお活動にかかっている事を強く感じました。

北部地区 Oさん
 1、衆院選挙の政治論戦についての4点はよく整理され理解できました。特に第1に訴えられた「これまで語ってきたことが、そのまま熱い争点になる」という提起が、第1に上げられた意味は良くつかみたい。「切実な要求から出発して、党の支持を訴えることはだれでもできる」ということに、1人ひとりの党員が、自信を持って、党を語れる様になりたい。
 2、選挙に向けた活動では「様子見にならない」ことが、今、特に大事だと思う。また、最後に訴えられた二つの点をしっかりと心にきざみ、短期決戦の歴史的な総選挙に日本共産党員魂を発揮して奮闘する決意です。

北部地区・居住支部 Oさん
 自・公政権の行きづまり、国民生活の破壊がアメリカ一辺倒、大企業本位の政治的悪に深くむすびついていることが、今日ほど明らかになっている時はなかった。その意味では、今回の衆院選は、日本共産党躍進のまたとないチャンスである。このチャンスをどう生かすか。その成否は支部が主人公の活動にかかっている。党員が、どれだけ多くの人たちに、党の政策や姿勢を訴えることができるかで勝負はきまる。二人組の活動、演説会への参加、支持拡大のとりくみなど、支え合って、このチャンスを生かしていきたい。

北地区 Kさん
 わかりやすい報告でした。二つの基準で到達点を直視することが重要だと思いました。今度の選挙を国民が主人公の民主的な政権をつくる第一歩の選挙にするとの報告はよかった。


関連タグ :

Posted by ohno at 13時30分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=519

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

辻もとみ比例候補、元気いっぱい街頭演説

辻もとみ比例候補、元気いっぱい街頭演説

12区=新しい政策ポスターを張り出し開始

12区=新しい政策ポスターを張り出し開始

伊藤岳さんを迎え、熊谷で日本共産党演説会開く

伊藤岳さんを迎え、熊谷で日本共産党演説会開く

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.