JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2008年06月28日(土)

秩父大演説会=開催地の特別の奮起を/荻原県書記長を迎え全党員会議を開催 [学習・党活動]

 日本共産党埼玉北部地区委員会は、6月26日(木)に、秩父市内で、7月26日に、秩父宮市民会館大ホールで市田忠義党書記局長を主弁士に開く日本共産党大演説会の成功めざして、秩父郡市の全党員会議を開催し、70名が参加しました。

PDFファイル(202KB)

全党員会議への大野地区委員長報告の要旨 (202KB)

 会議は、川瀬元行副委員長の開会挨拶後、大野辰男地区委員長から、1ヶ月後に迫った大演説会の成功をめざし、地区内情勢の特徴やこの間の取り組みの経験や教訓、今後の活動の力点などが、報告されました。報告の要旨は、別紙のPDFを参照して下さい。

 その後、荻原初男県書記長から、全国や埼玉県内の演説会の経験や教訓が紹介され、秩父大演説会の成功がどのような意味を持つのか、情勢の変化なども含め熱く語られました。

 この後、参加者からこの間の支部会議での受け止めや活動が6人の方から発言されました。

 大野地区委員長は、まとめの中で、今日の会議は、第一に、演説会めざして開催地の地元の秩父郡市が「心一つ」となってその歴史的責務をはたす場となったこと、第二に、そして、あらためて大演説会をめざして、来る総選挙の得票目標を明確にして、新らしい層へ本格的に踏み込むことの重要性を提起、演説会はまたとないチャンスであること、第三に、そして、「いくら情勢が良くても、風頼みでは本格的な前進はできない。参院選の最大の教訓は、我われが自力をつけることだった」と強調し、この6月末、党勢拡大中でも読者拡大で五中総水準を必ず突破して迎えるための奮闘を呼びかけました。

 閉会挨拶では、出浦あきえ秩父市委員長(市議団長)が、「なんとしても成功させたい。皆さんと力を合せて、党を強く大きくして頑張りたい」と決意をかたり、大きな拍手に包まれました。

Posted by ohno at 11時20分  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=461

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

原口和久鴻巣市長と懇談/6区=戸口佐一、12区=大野たつお両予定候補が挨拶

原口和久鴻巣市長と懇談/6区=戸口佐一、12区=大野たつお両予定候補が挨拶

「党旗開き」パンフを使って/さわやか新春の集い開く=横瀬町

「党旗開き」パンフを使って/さわやか新春の集い開く=横瀬町

埼玉12区=大増税強行に市民の怒り広がる/行田市内で6回街頭演説と6人読者拡大、ポスター14枚/盆前行動で汗を流す

埼玉12区=大増税強行に市民の怒り広がる/行田市内で6回街頭演説と6人読者拡大、ポスター14枚/盆前行動で汗を流す

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.