JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2008年04月25日(金)

定数1名での角田(つのだ)氏の勝利/美里町議補選結果をどう見るか [選挙情報]

 美里町議補欠選挙でつのだあさえ候補が、定数1名での激戦を制し、勝利したことが、「しんぶん赤旗」日刊紙の4月22日付け(1面、4面、首都圏版)で報道されたこともあり、長崎県、和歌山県、三宅島など全国各地から激励の電話が寄せられ、北部地区ホームページのアクセス数は一日700件から1,000件に広がっています。現在、現地選対で選挙総括をすすめていますが、22日に開かれた地区選対会議での「選挙結果をどう見るか」の部分について、北部地区ニュースから転載し紹介します。
 尚、「勝因」や「総選挙にどう生かすか」などの部分は、現地選対の討議を踏まえ、発表するようにしますので、ご了解下さい。

選挙結果をどう見るか

北部地区ニュース(地区選対会議報告)から転載

 美里町議補選は、3月20日に選挙闘争方針を発表し、現地の総決起と共に「共産党の躍進めざし、定数1名で勝ちに行く」「北部地区心一つに、自らの選挙として」を合言葉に、「23集落大作戦」など、かつてない全地区支援体制をとって、後期高齢者医療制度の中止・廃止署名や同和問題、中学生までの医療費無料化などをつきだし、選挙戦を組み立てました。

 選挙結果は、定数1を4候補で争う激戦の中、角田朝枝候補は、2,598票(得票率35.27%)で、第1位で当選、前回参院選比例362票の7.17倍、昨年春の一斉選挙を2名でたたかった839票の3.09倍と得票を大きく前進させました。

 この選挙の結果、共産党は、議会内で単独第一党、議会占有率も7.14%から14.28%へ躍進し、二つの常任委員会に議席を持ち、議案提出権を回復しました。

 美里町の14.28%は、旧江南町の定数15名で2議席を上回り、北部地区内では、過去最高の議席占有率となりました。地方議員数も19名となり、公明党に2議席差(熊谷で公明市議が三月末に辞職)をつけ、地区内単独第一党に躍進、議案提出権の獲得も7自治体(58.3%)となり、過半数を初めて突破しました。

 尚、定数1から3名を争う補欠選挙での勝利は、80年代以降で見ると、80年11月の神川村(定数1名、畠山光代村議・県北初の女性議員)、81年2月の荒川村の星美代子村議(定数1名)、86年8月熊谷市の高野忠夫市議(定数2名)、89年7月の本庄市の高橋文子市議(定数2名)、92年11月の江南町の小林守町議(定数1名、無所属・党推薦)、94年4月の小鹿野町の野原光朗町議(定数2名)、94年7月の寄居町の北条竜介町議(定数3名)以来14年ぶりであり、定数1名の党公認候補では81年2月の荒川村の星美代子村議(北部地区で初の議案提出権獲得)以来となり、27年ぶりの快挙でした。

勝因や教訓は、追って報告します

 今回の地区選対報告では、総選挙にその教訓を生かす立場から、勝因や教訓を引き出す努力を現地選対での討議と合わせ努力しています。これらについては、地区総の討議を経て、報告します。


関連タグ :

Posted by ohno at 13時58分  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=394

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

日本共産党生活相談所のポスターができました

日本共産党生活相談所のポスターができました

いっせい地方選挙で全員当選めざし/全県党・後援会決起集会

いっせい地方選挙で全員当選めざし/全県党・後援会決起集会

2008 第32回 戦争と平和を考える市民のつどいのご案内

2008 第32回 戦争と平和を考える市民のつどいのご案内

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.