JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2014年02月19日(水)

大雪被害で本庄・児玉地域のイチゴ・トマト・キュウリ・ほうれん草などの農業用ハウスの大半が倒壊 [学習・党活動]

PDFファイル(193KB)

本庄市委員会災害対策本部ニュース (193KB)

市長に日本共産党本庄市委員会が豪雪被害に対する
緊急申し入れをおこなう。




以下 全文

豪雪被害に対する緊急申し入れ
14日から15日未明にかけて降った雪は、広く関東平野で記録的な豪雪となり、各地で死者を出し、家屋の一部損壊や停電、高速道路の通行止め、鉄道の運休などの事態が発生し、住民生活の命を脅かす事態になりました。
 本庄市においても観測史上最高の積雪の影響で農業用ビ二―ルハウスの倒壊が相次ぎ深刻な状況が発生しています。
 日本共産党本庄市委員会の災害対策本部は17日午後と18日午前、被害調査に入りました。本庄地域、児玉地域ともほぼ壊滅状態でありました。本庄地域できゅうりを栽培する農家では3ケ所のハウスが倒壊し、「これから収穫最盛期になってくる中で」と肩を落としていました。児玉地域で2種類のイチゴを二ケ所のハウスで大きく栽培している農家では「ハウスの中を見てくれ、もうこれでおしまいだ」「これから収穫期を迎えようとするのに、共済保険にも入っていないので不安」と頭を抱えていました。「これから現金が入ってこないのでこれからの生活が不安」という訴えも出されました。また、「この災害で後継者の農業離れが起きないか心配」との声も聞かれました。
本庄市長にはこうした被害農家の現状を一刻も早く掴み被災農家等への支援をお願いするものであります。
【申し入れ事項】
1、 農家、市民の被害状況を一刻も早く把握すること。
2、 本庄市災害見舞金等支給条例の第二条三項(市長が特に必要と認めたとき)を広く準用すること。
3、 特に、農業ビニールハウス農家の被害実態調査を早急に行い、被害農家の復興意欲を高めるために埼玉県・国へ激甚対策(激甚災害に対処するための特別財政援助に関する法律)の指定を求めるよう早急に申し入れること。
4、特に、今回の農業ビニールハウス倒壊農家は専業農家が多くパート労働者を雇用している農家もあるので、その方たちへの相談や支援にも取り組むこと。
5、被害農家の復興意欲を高め後継者の農業離れを起こさないためにもJA(農協)とも連携を図りながら倒壊ハウスの撤去への支援、救済・救援を行うこと。            
6、今回の豪雪被害により著しく減収が予想される被害農家やパート労働者に対し、税金、国保、年金での減額や免除、「就学援助」の対象となる小中学生のいる家庭への援助等を強めること。      以上



関連タグ :

Posted by アズキ at 21時40分  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=2111

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

第8回中央委員会幹部会報告を視聴された方から感想が

第8回中央委員会幹部会報告を視聴された方から感想が

提案権へ2現職必ず/埼玉本庄市議選あす告示

提案権へ2現職必ず/埼玉本庄市議選あす告示

赤旗2・3月号外が到着/地区事務所でも直ちに読みあわせ

赤旗2・3月号外が到着/地区事務所でも直ちに読みあわせ

サブメニュー

学習・党活動の最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.