JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2013年06月03日(月)

経済問題学習会in秩父 [学習・党活動]

画像(320x193)・拡大画像(440x266)

友寄英隆

「アベノミクスとは何か」と題しての学習会です。
「現代資本主義の経済政策には理論と法則がある」現代の資本主義の経済政策の特徴について講演があり、質疑応答に応えるというものでした。
国民犠牲の「緊縮政策」の手直しは国民のたたかいの発展が、経済法則の大義にそっていることに確信を持つことが大事。
国民の立場にたった経済政策。

日本共産党の「景気回復アピール」
         「働く皆さんへのアピール」

                   是非お読みください。


経済政策の2つの特徴

1.現代の資本主義の構造的な特徴

●資本主義における階級関係の発展
20世紀後半以降は多くの<独占資本>はグローバルな世界市場で活動するようになり、【国際独占体=他国生起企業や多国籍銀行】に発展。
●資本主義の下では、資本家階級と労働者階級の対立を基礎として発展する階級闘争が社会発展の原動力、階級闘争の激化とともに、国家がさまざまな形で経済過程庭に介入するようになり、経済政策のあり方が問われるようになる。
経済政策=@通貨・金融A税制・財政政策B労働政策(雇用・労働条件)C農業・土地政策D産業・通商政策E交通・国土政策F環境政策G科学技術・教育政策、etc

2.現代資本主義の歴史的な特徴

●「新自由主義」路線による現代資本主義の矛盾の拡大
「新自由主義」のゆがんだ経済構造(資本蓄積と再生産、富の生産と分配のあり方)をを改革しないまま、なし崩しに財政・金融を急膨張させたために、深刻な財政破綻、格差の拡大、投機マネーの再膨張をもたらした。
●労働者・国民の負担で財政危機を乗り切るための国民犠牲の「緊縮政策」、今日の国家債務危機の根源は、「新自由主義」路線によって、世界各国が「法人税率引き下げ競争」に巻き込まれて、巨額な「税収の空洞化」を生み出しています。
●「緊縮路線」への批判が高まり手直しはじまっている。国家財政は、国民経済の成長、企業経営や国民の暮らしと離れているわけではない。2012年の仏大統領選で、緊縮一辺倒のサルコジ路線を批判して、経済成長の重要性を訴えたオランド氏が当選し、17年ぶりに社会党政権が誕生。
●経済政策の焦点は、財政政策から金融政策(「超金融緩和」政策)へ展開している日本の「アベノミクス」も欧米の「超金融緩和」路線を日本に持ち込むもの。


関連タグ :

Posted by アズキ at 13時19分  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1870

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

50年党員、永年党員証伝達式に23名が参加し、党を語り交流

50年党員、永年党員証伝達式に23名が参加し、党を語り交流

児玉街頭スタンディング宣伝実施中

児玉街頭スタンディング宣伝実施中

いっせい地方選挙で全員当選めざし/全県党・後援会決起集会

いっせい地方選挙で全員当選めざし/全県党・後援会決起集会

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.