JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2012年09月01日(土)

埼玉・行田/自然エネ未来守る/共産党が原発ゼロシンポ [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

発言をする梅村さえこ准中央委員、衆院北関東ブロック比例予定候補

 埼玉県の日本共産党行田市委員会は30日、原発ゼロと自然エネルギー活用の日本について考えるシンポジウムを、行田市商工センターで開きました。衆院埼玉12区内の党組織と共催で、120人以上が参加しました。

 4氏が発言。「行田水・城まちづくり研究会」の永島健雄会長は、利根川や荒川、武蔵水路、見沼代用水など河川に囲まれた行田市の特徴を語り「水を流すままにせず、小水力発電で生活に生かせるようにしたい」とのべました。

 高校教師の関根一昭氏は、放射線の低線量被ばくの危険性を指摘。「放射線はDNAを破壊する。がん発症は象徴にすぎず、免疫系、呼吸器系、脳神経系などの病気に慢性的に苦しめられる」と語りました。

 日本気象予報士会の下山紀夫副会長は、世界の地震の10%が集中する「地震の巣」の日本で、原発を何十基も建設する愚かさを訴えました。

 日本共産党の梅村さえ子衆院北関東比例予定候補は、東日本大震災で茨城県の東海第2原発でも重大な事故が起きる寸前だったとして、政治が原発ゼロの決断をすべきだと強調。「国民は自分たちの未来を守ろうと声を上げている。日本共産党は利潤第一ではなく、国民の健康・命を最優先にする社会の実現に全力をあげる」と語りました。

 シンポジウムの冒頭、大野たつお衆院埼玉12区予定候補があいさつし、工藤正司行田市長のメッセージが紹介されました。

注) この記事は、「しんぶん赤旗」2012年9月1日付け、首都圏版に掲載されました。写真は、別のものを掲載させていただきました。

画像(312x320)・拡大画像(624x640)

開会挨拶する大野たつお12区予定候補

大野たつお12区国政対策委員長が行った開会挨拶の要旨を別紙で紹介します。

DOCファイル(21KB)

自然エネルギーを生かし原発ゼロの日本をシンポジウムでの大野たつお12区国政対策委員長の開会挨拶要旨 (21KB)

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

120名以上の参加で会場はいっぱいに

当日、会場で配布された資料の一部をPDFで紹介します。

PDFファイル(444KB)

下山紀夫氏の資料 (444KB)

PDFファイル(203KB)

関根一昭氏の資料 (203KB)

PDFファイル(129KB)

梅村さえ子氏の資料 (129KB)


Posted by ohno at 07時50分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1715

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

いっせい地方選にむけて「選挙学校」ひらく

いっせい地方選にむけて「選挙学校」ひらく

【動画】「ザ・選挙」掲載の党国会議員団埼玉県事務所長伊藤岳さんの動画

【動画】「ザ・選挙」掲載の党国会議員団埼玉県事務所長伊藤岳さんの動画

町民の暮らしと命を守る議席確保を―上里町議選の決起集会ひらく

町民の暮らしと命を守る議席確保を―上里町議選の決起集会ひらく

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.