JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2011年12月30日(金)

建設残土 条例違反の業者対処を/党埼玉県議団、県に申し入れ [催し・活動]

 埼玉県秩父市内で、市内業者が県条例に違反する土砂の積み上げをしている問題で、日本共産党埼玉県議団と同秩父市議団は15日、県庁内で業者への厳正な対処と周辺住民への厳正な対処と周辺住民への説明をするよう県に申し入れました。高橋和彦環境部長は、「業者の刑事告発も視野に入れて取り組んでいる」と答えました。

 問題の業者は、約4400平方メートルの土地に、約5200立方メートルの土砂を一時的にたい積すると県に届け出ていたにもかかわらず、実際には4万5000立方メートルもの建設残土を持ち込み、届け出地域外にも高く積み上げていました。県から当初の届け出どおりに直すよう措置命令を受けても、大半の土砂が今もそのままです。

 党秩父市議団は、業者が周辺住民に対して威圧的な態度を見せていることなどの実態を紹介。村岡正嗣県議は、届け出の約9倍もの土砂を持ち込ませた責任に一端は県にもあると指摘し、悪質な業者に対して県は毅然とした態度で問題解決に当たるよう強く求めました。

 2011年12月20日しんぶん赤旗日刊紙首都圏版より転載


Posted by ohno at 10時49分  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1614

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

台風18号被害 共産党が現地調査 生活再建が大きな課題…『新くまがや』9月号

台風18号被害 共産党が現地調査 生活再建が大きな課題…『新くまがや』9月号

2012国民平和大行進/核兵器のない21世紀/平和はみんなの願い

2012国民平和大行進/核兵器のない21世紀/平和はみんなの願い

「みなの民報」5月号外―私たちの医療・年金・・・どうなるの?

「みなの民報」5月号外―私たちの医療・年金・・・どうなるの?

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.