JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2011年09月21日(水)

救援・復興ボランティア [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「泥と油を落としましょう」

 9月18、19日で仙台市にボランティア活動に行ってきました。おじゃました先は宮城野区岡田の花き農家、津波で1Mの床上浸水したSさん宅。
 Sさん宅は米と花を育てる農家、「今年は田んぼに水を入れられず、花も育てられない。しかし、この先生活していく糧を得るには、農業を続けていかねば」と、話していただきました。
 花の育苗のポットとトレイが津波に沈み、ガソリンやタールがついてしまっていて、このままでは次の育苗に使えないということで、お手伝いをさせていただきました。
 生活基盤の再建にはまだまだ時間がかかる、この地域の田んぼに水を入れるためには、排水路の修繕や導水ポンプの修理などで億単位のお金がかかるそう、岡に田んぼがたくさんあるから岡田という地名なんだとSさんは教えてくれました。
 自分が小さいころには足で踏んで水をあげたんだということ。仙台市は西から東に向かって山から海になる、雨水用の排水路と農業用排水路が併用されているため、農業に使用するためだけでないため、大金がかかる・・・。
 今は大規模農地で、ポンプや排水路など設備が大きくて個人ではお金をだしきれないんだなあと感じました。
 2日間の短い期間でしたが、まだまだ生活再建には人的支援、ボランティア派遣は必要なんだなあと認識を新たにしました。機会をつくってもう一度参加できたらと思います。

 おまけ

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「仙台市議団と」

 先日、震災で延期されていた仙台市議選があり、7人の候補者皆さんが、一人も欠けることなく当選されました。
 被災地で頑張る議員さんに元気をもらっていたので、おめでとうを伝えたくて、無理をいって会議前にお話しさせてもらいました。また、26歳の新人議員庄司あかりさんの、市議選に挑戦する気概と決意に脱帽です。
右から高見のり子さん、ふなやま由美さん、花木則彰さん、庄司あかりさん、小豆島、すげの直子さん、嵯峨サダ子さん、ふるくぼ和子さん

文、写真 小豆島

 仙台に来たからには食べていった方がいいと議員団にすすめられた「牛タン定食」ボランティアにきていただきました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「牛タン定食」うまし!


Posted by アズキ at 17時10分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1540

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

―食と農のシンポ―「議会と自治体」2月号掲載原稿

―食と農のシンポ―「議会と自治体」2月号掲載原稿

綱領を学ぶ楽しさ体感/北部地区で綱領講座開く

綱領を学ぶ楽しさ体感/北部地区で綱領講座開く

改憲手続き法案〈採決強行〉──自公が国民抗議の中

改憲手続き法案〈採決強行〉──自公が国民抗議の中

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.