JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2011年09月11日(日)

県党学校埼玉北部教室で科学的社会主義を学ぶ [学習・党活動]

画像(180x134)・拡大画像(640x478)

講師は、松村敏夫埼玉県党常任委員

画像(320x198)・拡大画像(640x397)

県党学校埼玉北部教室で科学的社会主義を学ぶ

 9月11日(日)に、県党学校埼玉北部教室が開かれました。今回は、7月の綱領課程に続き、科学的社会主義課程が開かれました。講師は、松村敏夫埼玉県常任委員がつとめました。

 開校にあたり、大野辰男地区委員長が挨拶を述べ、今回の県党学校北部教室は、10月の講師資格試験のプレ企画としても位置づけた学習であり、基本をしっかり学び、新たな情勢の変化にも応じたものになるように、交流時間もとって進行していきたいなどと挨拶されました。

 講義は、途中に休憩もはさみ1時間半、そして質疑交流時間を1時間半とって、講師からの助言や地区学習教育部員も積極的に討論に加わる形態ですすめられ、有意義な学習となりました。最後にまとめも行なわれ、10月の講師資格試験の受験のすすめや現在取り組んでいる「大運動」にも大いに取り組むことなども訴えられました。



 参加された皆さんから感想文が沢山寄せられました。いくつかを紹介します。所属、氏名などは省略させていただきました。

・哲学の話など聞いたのは、30年ぶりぐらいで大変面白かったです。

・「活動の中でも唯物論をつらぬく」という指摘が良かった。支部も党員も決めつけないことが大事。弁証法を身につけて活動に生かしていくことは、これから長い活動をしていく上でかかせないと思う。引き続き、学習を強めていきたい。

・2時間で語る講師の苦労、レジュメの後ろにある知識の量、哲学で弁証法で整理しながら日本の未来を語る。今の日本、これからの日本を考えるのに弁証法をどう生かしていくか、まだまだ学習は足りないですが、一つずつ解明(学習)しながらやっていきます。生きがいにできるように。

・本日は科学的社会主義の講義ありがとうございました。色々なことが勉強不足だと思い知らされました。これからの未来の社会を良い社会をめざしていきたいと思います。原発ゼロをめざして安全なエネルギー政策を考えていきたい。


関連タグ :

Posted by ohno at 17時42分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1535

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

赤旗まつりフットサルに出よう 北部青年後援会

赤旗まつりフットサルに出よう 北部青年後援会

鳥インフルエンザ対策について県交渉…ちょっと、サイエンス

鳥インフルエンザ対策について県交渉…ちょっと、サイエンス

参院選・中間選挙勝利めざして/第51回埼玉北部地区党会議(下り)開く

参院選・中間選挙勝利めざして/第51回埼玉北部地区党会議(下り)開く

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.