JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2011年04月07日(木)

原発の今そこが知りたい緊急学習会を開催 [学習・党活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

講師の関根一昭(高校教諭)

 4月6日緊急学習会が関根一昭(高校教諭)氏を講師に開催された。
 学習会は、日ごろ放射能から身を守るためには、何を知っておかなければいけないかという素朴な疑問に答えるために、忙しい時期ではありましたが開催しました。
 マイクロシーベルトとベクレルの説明から丁寧にはじめ、胸部X線や胃がん検診、CTスキャンなどの被ばく量との比較はあまり意味がない、なぜなら、単純比較できないから、また、質が違うとのこと。
 放射能(放射線問題)の何が大変か、目に見えず、においもしないので、心配が絶えず、心理的ストレスが大きい。

 日常的に気をつけるのは、
1.天候、特に雨と風(低気圧が近づく時は注意)
2.住んでいる地域の放射線量(平常時と比較してみる)
3.とにかく放射線をあびない方が賢明

 しんぶん赤旗(日刊紙)には、2の放射線量の平常時の比較を毎日掲載しているので、乳幼児のいる家庭や、授乳中のお母さんは、おおいに参考にしてもらいたいと思います。
 
 また、関根氏は放射性物質から身を守る生活上のコツを文書にしてくれているので活用していただければ思う。(下段でダウンロードできます。)
 このコツをまもれば、絶対安心ではないが、日々変化する放射線量や情報を入手し、自らの頭で判断できるように努める事を呼び掛けます。
 4月7日付の日刊紙でのさいたま市での1時間当たりの放射線量は(0.07マイクロシーベルト、震災前の最大平常値は0.06マイクロシーベルト)となっている。

PDFファイル(66KB)

放射性物質から身を守る生活上のコツ (66KB)


Posted by アズキ at 11時45分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1420

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

にぎやかに芋煮会

にぎやかに芋煮会

【動画】後期高齢者医療制度 小池議員が中止・撤回求める 3/14参院予算委員会

【動画】後期高齢者医療制度 小池議員が中止・撤回求める 3/14参院予算委員会

富樫練三元参議院議員を迎え/寄居町で新春のつどい80人超える参加で大成功

富樫練三元参議院議員を迎え/寄居町で新春のつどい80人超える参加で大成功

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.