JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2011年02月15日(火)

2月に入って、4人の青年を党に迎える!/埼玉北部地区 [入党案内]

日本共産党埼玉県委員会が作成した「埼玉活動交流ニュース」(11年2月13日午後6時発行)に、表題のニュースが掲載されました。ここに転載して紹介します。

 北部地区では、「三つの重点課題」で飛躍を作ろうと各地で奮闘。党員拡大では、18歳、24歳、30歳、39歳の青年が相次いで入党を決意しました。

4日 秩父影森支部と山中進市議は、昨年の市議選挙でビラ配布などを手伝ってくれた党員の娘さん24歳に入党をよびかけ、党に迎えました。

11日 5日に行った学生支部の集いに参加してくれた18歳の青年が入党しました。S君は「学校の友だちとどうやったら日本はアメリカいいなりから抜け出すことが出来るのかと議論になったがどうしたらいいのか」と話し、講師の村主明子中央委員が、安保条約10条のこと、志位委員長のアメリカ訪問の話しをすると、「はじめて聞いた。すごいですね」「自分が生きているうちに、共産党が与党になった姿を見てみたい」と話し、家族とも相談し入党申込み書を届けてくれました。

12日 30歳の酪農を営んでいる青年を柴岡副委員長と二人の地区役員(青年学生部員)で訪問。青年は「日本がTPPに参加したら大変なことになる」と語りました。そこで、一般マスコミは報道しないが地方でTPP 反対の大きなうねりが起きていること。日本共産党もJAなどと共同し、TPP 参加をくいとめるために全力で頑張っていることなどを話し、あなたも入党しあきらめない生き方をしてほしいと訴えると、「政党助成金も企業献金も受け取っていないから、共産党は国民の立場を貫けるということもわかった」と話し入党してくれました。

12日 深谷市内の保育園支部は、この間、入党を訴えてきた39歳の保育士を迎えました。支部では、昨年末から勤労者通信大学をみんなで受講しており、N地区役員(青年学生部員)が丁寧に援助をする中で、N地区役員と支部員がみんなで入党をすすめる中で決意してくれました。


関連タグ :

Posted by ohno at 01時41分  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1361

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

財政確立へ、全ての党員への「特別の訴え」を発表

財政確立へ、全ての党員への「特別の訴え」を発表

今年で連続11年/憲法手帳を配り新成人を祝う(横瀬町の党と後援会)

今年で連続11年/憲法手帳を配り新成人を祝う(横瀬町の党と後援会)

県党学校埼玉北部教室にのべ43名が受講、講師資格試験にも14名が受験を申し込む

県党学校埼玉北部教室にのべ43名が受講、講師資格試験にも14名が受験を申し込む

サブメニュー

入党案内の最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.