JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2011年02月12日(土)

第二回「新しい地区役員のための特別講座」で楽しく学習 [学習・党活動]

 日本共産党埼玉北部地区委員会事務所で、「新しい地区役員のための特別講座」の2回目の講座が2月11日に開かれました。この講座は、市田忠義書記局長が執筆された「党づくりの苦労と喜び 地区委員長のあり方を考える」をテキストに地区内の新しい地区役員を対象に、計4回に分けて計画されたもので、今回は、先月に続いて2回目の講座となりました。

 今回の講師は、川瀬元行地区副委員長がつとめ、節ごとに読みあわせ、自らの経験も織り交ぜながら、質問にもこたえながらすすめました。
 来月は、3月13日(日)午後1時半から16時半まで地区事務所で柴岡副委員長が講師で、第3章をまなびます。

 今回の講座の感想文が寄せられましたのでいくつかを紹介します。

■ 実際に感じている苦労を交流できる場になっているのが嬉しい。どうやって支部に入っていくのかはもっと多くの人たちと経験を交流できたらと感じた。青年への支援、困難を抱えている人と、とっくりと聞く学習をする中で意識を高めていくし、悩みも聞くことや「政策と計画」を支部が持つ事の大切さをはじめて認識した。

■ 大会決定や綱領に立ち返るというか、継続的に読む必要性を感じました。内容そのものを知らずに語ることはできない。自分の今の到達点が、突きつけられた学習会でした。

■ 「支部が主役」を充実していくためにどのような働きかけが大切なのか、悩んではいても積極的、具体的な取組みが中々出来ません。でも少しづつでも自主性を発揮してもらえるよう、常に声かけしていくことは大切だと思います。
 拡大(党員)については、あれこれ考えてしまい気軽に呼びかけできていませんが、声をかけて、その後は相手が判断することなので、あまりためらわずに取組んでいきたいと思います。

■ 発言しやすい雰囲気で楽しかったです。テキストも皆で読みあうことでより深く納得できました。准地区委員になり、支部に入って行きたいと思いますが、支部会議が開かれていない支部が多く、どのように支部会議を開いてもらうかとの悩みも出せ、アドバイスがいただけ、頑張ってみようという気持ちになりました。
 第二章は長く内容量も多く、学ぶことが多くありましたが、一つだけあげると、市田さんも「国民のために日本共産党が役立っているということを実感したときに、何ものにも変えがたい喜びを感じる」−と述べていて、共感しました。活動の原動力はここにあるのだと思います。


関連タグ :

Posted by ohno at 19時08分  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1355

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

「みなの民報」第1699号

「みなの民報」第1699号

党と後援会の地区決起集会ひらく

党と後援会の地区決起集会ひらく

【動画】2/9  第6回中央委員会総会(全編)

【動画】2/9 第6回中央委員会総会(全編)

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.