JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2011年01月15日(土)

「新しい地区役員のための特別講座」第1回講座開かれる [学習・党活動]

画像(180x134)・拡大画像(640x478)

車座になって学ぶ「新しい地区役員特別講座」

 埼玉北部地区委員会は、1月15日に「新しい地区役員のための特別講座」を開きました。

 第25回党大会以降の新しい地区役員は北部地区では全体の31%を占めています。第2回中央委員会総会で提起された機関の指導改革を推進する要として、地区役員学習として地区総合計画に位置づけて四回の連続講座として開かれました。

 テキストは、「党作りの苦労と喜び」地区委員長のあり方を考える(市田忠義著)を使用。地区常任委員会では「地区委員長のあり方」だけでなく、地区役員全員が身につける内容だと考え、このテキストになりました。講師陣は、地区委員長と副委員長で分担して行います。第1回講座は、大野辰男地区委員長が講座の目的なども述べ、第1章「地区委員長に求められる資質・気風」を学習しました。

 大野地区委員長は、講師陣も「そもそも論」に共に立ち返って、新鮮に学び、北部地区党に課せられた任務を立派に果たす契機になるように、お互いに学んでいきましょうとよびかけました。

 今後の、講座の予定は、
 第2回 2月11日(金・休)講師 川瀬副委員長 第2章
 第3回 3月13日(日)  講師 柴岡副委員長 第3章
 第4回 5月14日(土)  講師 大野地区委員長 第4,5章
 会場は、北部地区事務所、時間は、午後1時半から4時半

 寄せられた感想文を紹介します。
○ 地区委員長(地区役員)のあり方に「あ、そういうことある」「なるほどそうなのか」と思うことがたくさんありました。自分の欠点には気づかないことが多いですが、自己批判、相互批判が大事だと思います。他との人から指摘してもらえるというのも、その人の人柄かも知れません。毎日良く赤旗を読んでいても、信念がぐらついてしまうことが多いですが「第1党になる」ロマンを持って活動したいと思います。

○指導する側に求められる事柄の多さは、全て実行するための努力は相当な量が必要だと痛感しました。正直、全部できるとは思えません。せめて、人間的に成長していけるように心がけたいと思います。

○ 文書を読んで、意見交換ができるのはありがたい。今回は、3人の参加者だったが、5から10人くらいでお互いの意見を聞きながら話をする機会は特別講座以外でも、学習の機会を作ってどんどんやってほしい。

■ 新春行事なども重なり、参加者は少なかったのは残念でしたが、新しい地区委員の人たちの意見は新鮮で、地区党の確かな力になると強く感じました。今後の講座がとても楽しみになりました。今回、事情で参加できなかった方も気軽に参加して下さい。どこの章から学んでも、日頃の活動のヒントなどが見つかると思います。(講師の感想)


Posted by ohno at 20時20分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1328

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

治安維持法犠牲者に国家賠償法の制定を求める請願署名の取り組みで懇談

治安維持法犠牲者に国家賠償法の制定を求める請願署名の取り組みで懇談

原冨さとる県知事予定候補を迎えて熊谷街頭演説に300人を越える聴衆が聞き入る

原冨さとる県知事予定候補を迎えて熊谷街頭演説に300人を越える聴衆が聞き入る

埼玉北部地区から3トントラックで支援物資を仙台東地区へ届ける

埼玉北部地区から3トントラックで支援物資を仙台東地区へ届ける

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.