JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2010年04月25日(日)

北部地区ミニ一斉選挙終わる/定例選挙では8名全員当選、連続的に史上最高票を更新 [選挙情報]

XLSファイル(32KB)

北部地区の90年代から2010年4月までの議席占有率、空白率、議案提出権の推移 (32KB)


 埼玉北部地区委員会は、昨年夏の総選挙後、10月から小鹿野町議選、1月の本庄市議選、4月の上里町議選、秩父市議選と定例改選の議員選挙が4つ行われました。この他に、10月の熊谷市議補欠選挙、1月の深谷市議補欠選挙と二つの補欠選挙にも必勝を期して果敢にたたかいました。北部地区にとっては、半数の6自治体で、しかも4つの市段階で全て選挙戦をたたかうまさに「ミニ一斉選挙」と位置づけたたたかいでした。

 これらの選挙戦に全県からの支援も受け現地の党と後援会、また北部地区党が一丸となって戦い抜き、定例改選の選挙では、8名全員当選をかちとるとともに、得票数でも、無投票当選となった上里町を除き、3の自治体とも定例改選の議員選挙としては、小鹿野、本庄市、秩父市と連続的に史上最高票を獲得して当選をかちとりました。

 中でも秩父市議団は、定数が削減された中で、前回票を152・6%増やし前回比1議席増となったことは、日本共産党への住民の期待の大きさをあらわしました。秩父市議団の議席占有率も大きく伸び、北部地区では、初の15%台を記録しました。

 日本共産党埼玉北部地区委員会は、これらの選挙戦で寄せられた日本共産党への政策的共感や期待にこたえるために、近づく参院選挙での勝利を前面に、来年の一斉地方選挙での勝利と躍進をめざし、当面の諸活動に全力をあげる決意です。


 参考資料として、90年以降の一斉選挙時点の党議席、議案提出権、空白率などの推移がわかる一覧表を紹介しました。
 現時点では、党議席占有率、議案提出権、空白率とも北部地区党の結成以来最高水準に達しています。残念ながら議員数は、大幅な議員定数削減により最高時からは、後退しています。

 

Posted by ohno at 10時48分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1138

コメント

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

憲法改悪を許さない1万人意見広告(要項・申込用紙)

憲法改悪を許さない1万人意見広告(要項・申込用紙)

秩父・出浦あきえ地域後援会

秩父・出浦あきえ地域後援会

日本共産党、国保税の大幅値上げに反対貫く/本庄市議団ニュースNo60を発行

日本共産党、国保税の大幅値上げに反対貫く/本庄市議団ニュースNo60を発行

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.