JCP埼玉北部ブログ

埼玉県北部地域の日本共産党の活動と地域情報を紹介します

2010年01月30日(土)

秩父市の合併で大滝地域バス便半減/塩川、伊藤氏 住民と懇談 [催し・活動]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

大滝地域の住民と懇談する(右から)塩川議員、伊藤参院候補、山中市議=28日、秩父市

 日本共産党の塩川鉄也衆議院議員と伊藤岳参院埼玉選挙区候補は28日、埼玉県秩父市で住民と懇談し、市町村合併と住民生活の聞き取り調査を行いました。新井康一、山中すすむ両市議が同行しました。

 秩父市は2005年4月に旧秩父市と吉田町、荒川村、大滝村が合併して誕生しました。旧3町村地域では4月から国保税や水道料金が旧秩父市に合わせて引き上げが計画されるなど合併のしわ寄せが来ています。大滝地域では昨年12月、バス便数を半分にする通知が住民に配られ不安の声が上がっています。

 塩川議員らは大滝総合振興会館で大滝地域住民と懇談。バス便数削減問題では「老後、車に乗れなくなったらバスがないとどこにもいけない」「車がないので医者にも買い物にもバスが必要」などの声が寄せられました。

 塩川議員は懇談に先立ち市に聞き取り、市が便数減の理由の一つにあげた県補助金の削減は根拠がなかったことが明らかになったとのべ「市はバスを残すために措置と言っているが、それならば地域の声を聞くべきです。デマンドバス(予約製乗り合いタクシー)やスクールバスの活用など住民参加で工夫していくことが求められています」と話しました。

 参加者から「合併後に観光協会への補助金が大幅に削減された」「子どもに対する施策が切り捨てられている。大滝の子どもは一時間かけて幼稚園に通っている」などの実態が語られました。塩川議員は「合併で生活基盤が切り縮められているのが実態。住み続けられる地域の実現へ声を大きくしていきましょう」と語りました。

 しんぶん「赤旗」日刊紙首都圏版 10年1月30日付け掲載から転載

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

午後1時から行われた秩父市役所での関係者との懇談の模様


Posted by ohno at 17時37分

トラックバック

※ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

※送信元の記事内容が半角英数(1バイト文字)のみのトラックバックは受け付けておりません。記事本文にこのページのリンク(URL)が入っていない場合にはトラックバックを受け付けておりません。ご了承ください。

トラックバックURL

http://www.jcp-saitamahokubu.jp/blog/tb.php?ID=1065

コメント

新しい ダイヤ改正に 賛成する人が、少ないです。 見直しを お願いします。

夜の蝶 2010年03月31日 19時05分 [削除]

平日の ダイヤ 改正して ください。 秩父湖 発 8:00 ぐらい の バス を お願いします。 西武鉄道観光バス と 秩父鉄道観光バス 話し合い 願います。

病院に かかって いる 人は 困っています。

夜の蝶 2010年03月23日 18時57分 [削除]

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

検索


Web JCP埼玉北部を検索

国会議員・国政候補

タグリスト

フォトログ

毎日新聞に「不破原発講義」のパンフレット紹介のチラシを折込ました/さてどんな反応が

毎日新聞に「不破原発講義」のパンフレット紹介のチラシを折込ました/さてどんな反応が

秩父市議・斎藤かつしげ地域後援会ニュース「麦踏み38号」

秩父市議・斎藤かつしげ地域後援会ニュース「麦踏み38号」

新井こういち議員を囲む集いひらく

新井こういち議員を囲む集いひらく

サブメニュー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2016 日本共産党埼玉北部地区委員会 All rights reserved.